【Web特別記事】白熱の地区インカレ注目の選手をチェック

【コラム】
白熱の地区インカレ注目の選手をチェック

すでに各地で地区インカレが始まっているが、今週から東海・九州インカレがスタート。関東に負けず劣らず、注目の選手たちが登場する。

●東海インカレ(5/17~19)
男女やり投に注目

77m52の自己記録を持つ男子やり投の豊田将司

 東海インカレは、男女のやり投に注目したい。男子は、昨年7月の愛知県選手権で、77m52を投げた豊田将司(東海学園大3)が登場する。ケガもあり今季は60m台にとどまっているが、どこまで調子を戻せるか。女子は、昨年の東海インカレで56m14の大会新をマークした中田寛乃(愛教大3)が優勝候補。織田記念でも54m50を投げており、昨年の大会記録を上回れるか。女子棒高跳には昨年の日本選手権女王の南部珠璃(中京大3)がエントリーしているが、今季は欠場が続いている。
 他では、男子100mで2017年には日本選手権決勝に進出している高橋周治(愛知医科大6)や、昨年の日本インカレ男子400m7位の野村勇輝(中京大3)、全日本大学女子駅伝2連覇中の名城大勢にも注目が集まる。昨年、男子砲丸投でインターハイを制した稻福颯(市岐阜商-中京大)は円盤投にエントリーされている。

●九州インカレ(5/17~19)
日本記録保持者・郡が登場

昨年に続いて砲丸投、円盤投の2冠を目指す郡菜々佳

 今年、女子円盤投で日本記録(59m03)を樹立した郡菜々佳(九州共立大4)がどんなパフォーマンスを見せるか。砲丸投でも日本歴代4位の16m57を持つ郡。アジア選手権で少し脚を痛めたというが、織田記念の砲丸投で16m23を投げて優勝しており問題なし。円盤投では今年は自己記録よりも、アベレージを大事にし、55~56mを安定して投げられる力をつけていくという。
 チームメイトの女子やり投、山下実花子(4)も注目。2月に59m17、4月に58m63と好調だ。学生史上3人目の60m超えに期待。その他、男女ともに九州共立大には投てきを中心に有力選手がそろっている。
 昨年、男女とも総合優勝の福岡大は、男子400mで連覇を目指す松清和希(4)、走幅跳・三段跳の小田大樹(3)らが牽引する。また、女子短距離では、世界リレー代表の兒玉芽生(2)の走りに注目したい。