月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

日本陸連20年度の経常収益コロナ禍で約22億円減 高校生の登録者数大幅減も


日本陸連は6月3日に理事会を開き、2020年度の決算案を承認し、20年度の経常収益が前年(19年)度比で約22億円の減少があったことを報告した。競技会などにおける事業収益が中止や延期、無観客試合などの影響により約19億円の大幅減。

これについて会見に登壇した鈴木英穂事務局長は「マイナス22億円は衝撃的な数字」としつつも、「19年は世界リレー(横浜)やMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)という大きな競技会があった」ことも影響しているという。また、その分事業費も「かなり抑えた」(鈴木事務局長)といい、24億円ほど減少している。

また、コロナ禍の影響により陸連登録会員数は前年比で44601人が減少して380679人に。昨年は6月末まで競技会が中止されたことやインターハイの中止などもあり、高校生の減少率が最も大きく前年比14.1%減で、とりわけ高校3年生の登録が激減したという。

新型コロナウイルス関連としては、2020年度に行われた競技会、ロード種目で1745大会のうち、競技会終了後2週間以内の新型コロナウイルス感染者の報告は合計3件(競技会1件、ロードレース2件)だったことを報告した。(※6月2日時点)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com