月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子走幅跳でブルメが25年ぶりアフリカ新の7m17


5月29日、カリフォルニア州(米国)で Chula Vista フィールドフェスティバル(WAコンチネンタルツアー・ブロンズ大会)が開催され、女子のフィールド種目で好記録が生まれた。

女子走幅跳では2019年ドーハ世界選手権銅メダルのE.ブルメ(ナイジェリア)が今季世界最高、アフリカ新記録の7m17(+1.1)で優勝。従来のアフリカ記録はC.アジュンワ(ナイジェリア)が1996年にマークした7m12で、これを25年ぶりに上回った。

女子やり投ではM.マローン(米国)が66m82で米国記録を樹立。27歳のマローンはこれまでに国際大会入賞の経験はないが、今回の記録は現時点での今季の世界リスト3位にあたり、今後の活躍が期待される。女子走高跳では、19年ドーハ世界選手権銅メダリストで16年の世界室内選手権では優勝経験のあるV.カニングハム(米国)が2m02で2年ぶりの自己新。父のランドールはNFL(アメリカン・フットボール)の名クオーター・バックとして活躍したことでも知られている。

また、29日にテキサス州で開催された学生競技会(NCAA West Preliminary)では、A.ムー(米国)が49秒68の自己新、U20世界歴代4位のタイムをマーク。2週間前に自身が打ち立てた北米地区のU20記録をさらに更新した。シニアを含めた今季のリストでは現時点で4番目の記録。2002年生まれのムーは室内シーズンには600m、800mでU20世界室内記録を樹立、屋外800mでもU20北米記録を更新するなどの活躍をみせている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com