月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

100回目の関東インカレ順大が16年ぶり16回目総合V!女子は日体大が過去最高得点で4年ぶり制す

5月20日から23日までの4日間、第100回関東学生対校選手権大会(関東インカレ)が行われた。メイン会場は相模原ギオンスタジアム・ギオンフィールドで、20日のハーフマラソンのみよみうりランド敷地内の非公認コースで実施。1919年にスタートし、100年以上の歴史を持つ伝統のある大会は、コロナ禍により無観客ながら熱き大学生たちのハイパフォーマンスに大いに盛り上がった。

男子1部優勝は順大で、141.5を獲得して16年ぶり16回目の頂点に立った。前回(19年※20年大会は対校なし)まで8連覇を続けてきた日大は連覇がストップして2位。女子1部総合優勝は日体大。4年ぶり9回目の優勝で、過去最高得点となる195点を積み上げた。エントリーのなかった10000m競歩を除き、すべての種目で得点を稼いだ。2連覇中だった筑波大は2位だった。

順大は110mハードルで優勝し、予選で13秒30をマークして東京五輪参加標準記録を突破した泉谷駿介が優秀選手賞も受賞した。同種目では村竹ラシッドとワンツー。他にも1500m優勝、5000m日本人トップとなった3000m障害日本記録保持者の三浦龍司などで得点を上積みした。主将の中田英駿は「100回大会で優勝を狙っていたのでうれしいです。選手、サポート全員で取れたと思います」と胸を張った。

女子優勝の日体大は主将の大玉華鈴が七種競技で、副将の前川淳が棒高跳で、それぞれ大会新優勝などチームを牽引。100m、200m、リレーでフル回転した園宮璃子、藤田涼子、宮武アビーダラリー、滝田静海や、100mハードル連覇の島野真生などスプリント種目で荒稼ぎ。中長距離種目も存在感を示した。大玉は「ブロック間でコミュニケーションを図ってきました。関東インカレで形になって表れたと思います。プレッシャーもありましたが、大会記録で勝てて仕事は果たせたと思います」と安堵の表情を浮かべた。

男子2部優勝は東京学芸大、2位に明大で、この2校が来年は1部昇格。一方、1部の下位となった城西大と国際武道大の2部降格が決まった。優秀選手賞には、男子1部が泉谷、女子1部が100m、200m2冠の石川優(青学大)、男子2部は5000mと10000m2冠のイェゴン・ヴィンセント(東京国際大)がそれぞれ選ばれた。

■関東インカレ総合成績
・男子1部
総合
順大 141.5点
日大 105点
法大 79点
トラック優勝
順大 95点
フィールド優勝
日大 72点
多種目優勝
順大 4種目
・女子1部
総合
日体大 195点
筑波大 90点
青学大 74点
トラック優勝
日体大 130点
フィールド優勝
日体大 65点
多種目優勝
日体大 7種目



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com