月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

2部ハーフは青学大の西久保遼が初優勝!「ライバル校に負けるわけにはいかないと思った」/関東IC

◇関東インカレ・ハーフマラソン(5月20~23日/東京・よみうりランド敷地内)

第100回関東学生陸上競技対校選手権大会のハーフマラソンは5月20日に東京都稲城市のよみうりランド敷地内の周回コース(非公認/20.8km)で行われ、男子 2部は西久保遼(青学大3)が 1時間2分00秒で制した。

午前7時30分にスタートしたレースはルカ・ムセンビ(東京国際大3)を先頭に集団が形成され、10kmを29分40秒ほどで通過。残り5kmを過ぎてムセンビ、西久保、花尾恭輔(駒大2)、今年の箱根駅伝で5区区間賞を獲得している細谷翔馬(帝京大4)の4人に優勝争いが絞られ、ラスト 1周で細谷が脱落。3人による熾烈なスパート合戦となったが、西久保が花尾と同タイムながらわずかに先着した。

レース後、「青学大の代表として絶対に勝つという気持ちで臨みました。勝ててうれしいです」と笑顔を見せた西久保。初めて挑むコースに「最初は様子を見ようと思った」と集団の後方に位置付けていたが、勝負どころでは「最後は花尾選手も前にいて、ライバル校ということで負けるわけにはいかないと思いました」と、駅伝強豪校の意地を見せた。

西久保は箱根駅伝のエントリーメンバーに入れなかったものの、今年4月24日の日体大長距離競技会10000mで28分21秒39をマーク。豊富な練習量で着実に力をつけてきている。青学大の関東インカレ・ハーフマラソン優勝は2016年の池田生成以来5年ぶりだった。

惜しくも優勝を逃した花尾は「我慢のレースができたのは良かった」と振り返りながら、集団内での位置どりや仕掛けのタイミングには苦戦したようで、「ちょっと慌てた部分はあった。もう少し冷静に対処できれば良かった」と反省点を挙げた。

3位は 1秒差でムセンビ。細谷が日本人3番手の4位に入った。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com