月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

米国のハリソン走高跳で今季世界最高の2m36!走幅跳と2種目で世界リストトップに

5月13〜15日に米国・テキサス州で開催されたSECチャンピオンシップで好記録が生まれた。

14日男子走高跳ではJ.ハリソン(米国)が2m36の今季世界最高で優勝。東京五輪の参加標準記録を突破した。同日の走幅跳でも8m24(+1.5)をマークして2位(ジャマイカのC.マクレオド8m34/+1.5が優勝)。ハリソンは走幅跳で今年4月に8m44を跳び今季のリストトップに立っており、これで2種目でワールドリーダーに。東京五輪に向けて種目の選択が注目される。

女子七種競技ではT.ギテンス(トリニダード・トバゴ)が6418点の今季世界最高。走高跳で1m95、走幅跳で6m96(+2.0)を跳び、女子の混成競技の跳躍種目で獲得した点数としては史上最高だった。

15日の女子400mではA.ムー(米国)が49秒84の自己新をマークして優勝。北米のU20エリアレコードを更新した。ムーは今年2月、室内の800mで1分58秒40のU20室内世界記録を出し、屋外800mでは4月に1分57秒73をマーク。この記録も400mと同じく北米のU20エリアレコードである。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com