HOME ニュース、海外

2021.05.16

米国のハリソン走高跳で今季世界最高の2m36!走幅跳と2種目で世界リストトップに
米国のハリソン走高跳で今季世界最高の2m36!走幅跳と2種目で世界リストトップに

5月13〜15日に米国・テキサス州で開催されたSECチャンピオンシップで好記録が生まれた。

14日男子走高跳ではJ.ハリソン(米国)が2m36の今季世界最高で優勝。東京五輪の参加標準記録を突破した。同日の走幅跳でも8m24(+1.5)をマークして2位(ジャマイカのC.マクレオド8m34/+1.5が優勝)。ハリソンは走幅跳で今年4月に8m44を跳び今季のリストトップに立っており、これで2種目でワールドリーダーに。東京五輪に向けて種目の選択が注目される。

広告の下にコンテンツが続きます

女子七種競技ではT.ギテンス(トリニダード・トバゴ)が6418点の今季世界最高。走高跳で1m95、走幅跳で6m96(+2.0)を跳び、女子の混成競技の跳躍種目で獲得した点数としては史上最高だった。

15日の女子400mではA.ムー(米国)が49秒84の自己新をマークして優勝。北米のU20エリアレコードを更新した。ムーは今年2月、室内の800mで1分58秒40のU20室内世界記録を出し、屋外800mでは4月に1分57秒73をマーク。この記録も400mと同じく北米のU20エリアレコードである。

5月13〜15日に米国・テキサス州で開催されたSECチャンピオンシップで好記録が生まれた。 14日男子走高跳ではJ.ハリソン(米国)が2m36の今季世界最高で優勝。東京五輪の参加標準記録を突破した。同日の走幅跳でも8m24(+1.5)をマークして2位(ジャマイカのC.マクレオド8m34/+1.5が優勝)。ハリソンは走幅跳で今年4月に8m44を跳び今季のリストトップに立っており、これで2種目でワールドリーダーに。東京五輪に向けて種目の選択が注目される。 女子七種競技ではT.ギテンス(トリニダード・トバゴ)が6418点の今季世界最高。走高跳で1m95、走幅跳で6m96(+2.0)を跳び、女子の混成競技の跳躍種目で獲得した点数としては史上最高だった。 15日の女子400mではA.ムー(米国)が49秒84の自己新をマークして優勝。北米のU20エリアレコードを更新した。ムーは今年2月、室内の800mで1分58秒40のU20室内世界記録を出し、屋外800mでは4月に1分57秒73をマーク。この記録も400mと同じく北米のU20エリアレコードである。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top