月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

パラ陸上内定8選手発表 リオ女子400m銅の辻、男子400mIH出場の石田駆は初代表


日本パラ陸連は5月10日、4月1日付の世界ランキングにより東京パラリンピックの出場権を得た8選手を「日本パラ陸連推薦」枠として内定したと発表した。

5年前のリオ大会女子400mで銅メダルを獲得した辻沙絵(日体大教)や、冬季パラアルペンスキーの村岡桃佳(トヨタ自動車)らが代表入り。辻は連名を通じ「自分自身がコントロール出来ることにフォーカスし、大会本番まで最大限の準備をして試合に挑みたいと思います」を意気込みを語った。

男子T47クラス(上肢欠損など)400m代表に選ばれた石田駆(愛知学院大)は、岐阜聖徳学園高時代にインターハイ400mに出場している選手。大学進学後に骨肉腫が判明しパラ陸上に転向し、2019年には同クラスで100mと400mの日本記録を樹立。ドバイ世界パラ陸上400mで5位入賞を果たしている。石田は「自分自身を信じ続けてきたことが、このような結果を導き出せたと思っています。金メダル獲得に向け、この3ヵ月間、トレーニング強化に努めて参ります」とコメント。

また、当日、日本知的障がい者陸連も4選手の内定を発表した。なお、日本ブラインドマラソン協会からは2月5日に代表候補選手が発表済みで、6月予定の日本パラリンピック委員会の派遣枠決定後に推薦順位に従って代表が確定する。

●日本パラ陸連推薦内定選手
・男子
石田 駆(愛知学院大) T46/400m
樋口政幸(プーマジャパン)T54/5000m
山﨑晃裕(順大職員) F46/やり投
永田 務(新潟県身体障害者団体連合会) T46/マラソン
・女子
澤田優蘭(マッシュホールディングス) T12/走幅跳
村岡桃佳(トヨタ自動車) T54/100m
辻 沙絵(日体大教) T47/400m
喜納 翼(タイヤランド沖縄)T54/マラソン
●日本知的障がい者陸連推薦内定選手
・男子
赤井大樹(十川ゴム)1500m
岩田悠希(one’s Para Athlete Club)1500m
・女子
外山愛美(宮崎銀行)400m
古屋杏樹(彩 tama 陸上クラブ)1500m
●日本ブラインドマラソン協会代表候補選手
・推薦順位1位
男子:堀越信司(西日本電信電話)
女子:道下美里(三井住友海上火災保険)
・推薦順位2位
男子:熊谷 豊(三井住友海上火災保険)
女子:西島美保子(福井県視覚障害者福祉協会)
・推薦順位3位
男子:岡村正広(千葉県立千葉盲学校)
女子:青木洋子(NTTクラルティ)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com