月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

順大・三浦龍司が3000m障害で18年ぶり日本新!東京五輪参加標準突破「ビックリで素直にうれしい」/東京五輪テストイベント

◇東京五輪テストイベントREADY STEADY TOKYO/世界陸連コンチネンタルツアー・ゴールド(5月9日/東京・国立競技場)

東京五輪テストイベントの男子3000m障害で、三浦龍司(順大)が8分17秒46の日本新記録を樹立して優勝。従来の日本記録は8分18秒93(2003年)で18年ぶりの更新となる。東京五輪の参加標準記録8分22秒00を突破したことで、6月の日本選手権で優勝すれば東京五輪代表に内定する。

三浦は昨年、有効期間外ながら8分19秒37と標準記録を上回る日本歴代2位を記録。3000m障害では30年ぶりの高校新、日本学生記録は41年ぶり、U20日本記録は37年ぶりに更新している。

三浦龍司のコメント
「織田記念で参加標準記録を狙っていましたが(届かず)、今回もう1回チャンスをいただけた。想像していたタイムを上回ってよかった。日本記録はビックリというか素直にうれしいです」

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com