月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子投てきのレジェンド、タマラ・プレス氏が死去 1960年代に活躍、世界記録11度樹立

女子砲丸投・円盤投のタマラ・プレス氏(ロシア・当時ソ連)が4月26日に死去したとロシアのスポーツ省が発表した。83歳だった。

タマラ・プレス氏は1960年のローマ五輪の砲丸投で金メダル、円盤投で銀メダルを獲得。64年の東京五輪ではこの2種目で優勝を果たし、両種目で当時の五輪記録を更新した。妹のイリーナ氏も60年ローマ五輪の女子80mハードルで金メダルを獲得するなど姉妹で同時期に活躍していた。

タマラ氏は現役時に合計11回の世界記録を樹立し、自己ベストは砲丸投18m59、円盤投59m70(いずれも1965年)。1966年に引退した後は、自国の陸上界でコーチや役員を務めていた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com