月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

レジェンド福士加代子「やり残したことないくらい全部やった」最後はトラックに一礼


オリンピック4大会出場の39歳のレジェンド福士加代子(ワコール)が、日本選手権10000mに出場。34分00秒55で19人中19番目だった。

3000m、5000mで日本新、マラソンに挑戦しては世界選手権銅メダル。数え切れないほどの金字塔を打ち立ててきた福士は、最後はトラックに一礼した。

福士加代子の談話
「勝負にならなかったが、見守られて完走できてよかった。(拍手に)感動しました。うれしいなって。一等賞も、2番も3番もあるし、最後は大きな大会でドベ。それで最後に拍手をもらうのもすごいこと。やり残したことがないくらい全部経験できました。練習もしていなくて、イチかバチか。あわよくば、と思って、1周目はよかったから、それが続けばと夢見た。1周しかもたなかった。でも、一等賞を狙って、勝負しようという気持ちは変わらなかった。いっちょまえに。勝ちたいという思いはずっとあった。安藤(友香)が代表に決まってよかった。監督、ウチのチームはすごい。最後はどっち(これが最後)になってもいいようにトラックに一礼してきた。終わりよくしよう、と。5000mの挑戦はまだわかりません。勝負には負けたけど、自分には勝ったと思う。明日からは絶対に走らない(笑)」



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com