月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

廣中璃梨佳と安藤友香が10000mで東京五輪代表内定!参加標準突破でワンツー/日本選手権10000m


日本選手権女子10000mが5月3日、静岡で開催され、優勝した廣中璃梨佳(日本郵政グループ)と2位の安藤友香(ワコール)が東京五輪参加標準記録を突破し、代表に内定した。

東京五輪参加標準記録は31分25秒00。廣中は2度目の10000mで日本歴代7位の31分11秒75をマーク。5000mでも参加標準記録を突破していたが、昨年12月の日本選手権では2位となり即時内定はならなかった。

2位の安藤も31分18秒18でともに参加標準記録を突破した。すでに代表を決めている新谷仁美(積水化学)を含め、代表3人が確定した。

廣中
「2度目の10000mで挑戦者として臨んだ。昨年の5000mの悔しさがあったので、自分でレースを作った」
安藤
「オリンピックの切符を取りたいと思ってここまでやってきた。本当にうれしい」



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com