月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子100mで15年世界選手権銅のブロメルが今季世界最高の9秒88!米国で好記録続出

4月29日、30日に米国・フロリダ州で行われた競技会で、男子100mのT.ブロメル(米国)が今季世界最高の9秒88(+1.5)で優勝した。

ブロメルはU20世界記録(9秒97、2014年)保持者。15年の世界選手権で銅メダル、16年のリオ五輪では8位に入っており、自己ベストは9秒84(15年、16年)だ。9秒8台は16年以来、5年ぶりとなる。

同大会では女子200m(29日)のB.オガグバレ(ナイジェリア)が追い風参考記録ながら22秒03(+2.5)の好タイムをマーク。公認の自己記録(22秒04、18年)を上回るタイムだった。オガグバレはこの種目で13年モスクワ世界選手権銅メダルのほか、走幅跳や100mでも五輪・世界選手権での入賞経験がある。男子200m(29日)では19年全米学生チャンピオンのD.オドゥドゥル(ナイジェリア)が19秒88(+1.6)をマークした。

また、4月30日、5月1日にテキサス州で行われた競技会の女子100mハードル(1日)では世界記録保持者のK.ハリソン(米国)が12秒48(-0.3)のシーズンベストをマーク。女子走幅跳(30日)は3月に今季リストトップの7m14を跳んでいるT.デイヴィス(米国)が6m97(+0.5)で優勝した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com