月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

世界選手権3連覇のラシツケネら4名が中立選手として承認、国際大会出場が可能へ


世界陸連(WA)のドーピング審査委員会(Doping Review Board)は、4名のロシア選手に対し、中立選手としての資格を承認したと発表した。

組織的なドーピング問題で、ロシア陸連は資格停止処分を受けているが、中立選手として認められた選手については、最大10人まで東京五輪などの国際大会に参加できる。五輪などの主要大会以外の国際大会については参加人数の上限はない。

今回承認された4名と、主な戦績は以下の通り。

M.ラシツケネ(女子走高跳)世界選手権3連覇(15年北京、17年ロンドン、19年ドーハ)
A.シドロワ(女子棒高跳)19年ドーハ世界選手権金メダリスト
I.イワニュク(男子走高跳)19年ドーハ世界選手権銅メダリスト
A.ガタウリナ(女子棒高跳)19年U20欧州選手権金メダリスト

他の選手についても引き続き審議され、承認を受けた場合には発表される予定だ。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com