月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子走幅跳で秦澄美鈴が日本歴代4位タイの6m65、自己記録を20cm更新/兵庫リレーカーニバル


◇第69回兵庫リレーカーニバル(4月25日/兵庫・神戸ユニバー記念競技場)

サトウ食品日本グランプリシリーズの兵庫リレーカーニバルが行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(シバタ工業)が2回目に日本歴代4位タイ、大会新記録の6m65(+1.1)をマーク。秦のこれまでの自己ベストは2019年9月の富士北麓ワールドトライアルで跳んだ6m45で、自己ベストを一気に20cm更新した。1回目には追い風参考ながら6m69(+3.0)を記録している。

この種目の東京五輪参加標準記録は6m82。

◇女子走幅跳日本歴代5傑
6.86 1.6 池田久美子(スズキ)06年
6.84 1.2 甲斐 好美(VOLVER)15年
6.82 1.6 花岡 麻帆(Office24)01年
6.65 1.4 桝見咲智子(九電工)09年
6.65 1.1 秦 澄美鈴(シバタ工業)21年



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com