月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪テストイベント併催WAコンチネンタルツアーゴールド実施種目決定!桐生、新谷ら出場予定


5月9日に東京五輪のテストイベントとして国立競技場で開催される「READY STEADY TOKYO-陸上競技」と併催する「世界陸連(WA)コンチネンタルツアーゴールド」の実施種目が決定した。

男子は100m、200m、110mハードルなど11種目、女子は5000m、やり投など6種目が行われる。コンチネンタルツアーゴールドはWAのワールドランキングのカテゴリーは「A」と設定されており、東京五輪の出場資格の一つでもあるワールドランキングに反映されるポイントを獲得するチャンスでもある。

一部の出場選手も合わせて発表され、男子100mに桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)、多田修平(同)、ケンブリッジ飛鳥(Nike)がエントリー。女子5000mには新谷仁美(積水化学)、廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、萩谷楓(エディオン)らが登録された。また、同大会には海外の一部有力選手の出場を希望している。

大会当日は、午前中からテストイベントとして男子800mや女子短距離種目など男女合わせて16種目が予定され、コンチネンタルツアーはイブニングセッションとして実施される。大会の模様はTBS系全国ネットで18時半から生中継される予定。

大会日程 5月9日(日)/東京・国立競技場
■コンチネンタルツアーゴールド実施種目
●男子
100m、200m、400m、5000m 、110mH、400mH、3000m障害、走高跳、棒高跳、走幅跳、やり投
●女子
1500m、5000m、100mH、3000mSC、走幅跳、やり投
■テストイベント
●男子
800m、1500m、三段跳、砲丸投、ハンマー投
●女子
100m、200m、400m、800m、400mH、4×100m リレー、4×400m リレー、棒高跳、三段跳、砲丸投、円盤投

※東京五輪の出場資格は種目ごとに設定されているターゲットナンバー(出場枠の目安)の中で、参加標準記録を突破した選手と、ワールドランキングで上位から出場権を獲得する。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com