月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

宮本大輔、鈴木碧斗が追加代表入り! ウォルシュらが辞退 5月開催のシレジア2021世界リレー

日本陸連は4月19日、シレジア世界リレー(5月1日、2日/ポーランド)の派遣辞退と追加派遣の選手を発表した。

派遣辞退をしたのは女子4×100mの大石沙也加(セレスポ)、男子4×100mの水久保漱至(第一酒造)、同4×400mのウォルシュ・ジュリアン(富士通)の3名。大石は「右脚大腿二頭筋肉離れ」、水久保は「左脚半腱様筋部分断裂」、ウォルシュは「左ヒラメ筋の肉離れの回復が万全ではない」と診断されたことを理由に挙げている。

代わって追加派遣が決まったのが、ともに東洋大に所属する男子4×100mの宮本大輔と同4×400mの鈴木碧斗。宮本は2年前の前回大会(横浜)に続く選出で、19歳の鈴木は初の国際大会代表入りとなる。女子4×100mの追加派遣選手は発表されなかった。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com