月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

石田洸介&藤原孝輝 2人の高校記録保持者が東洋大に入学


東洋大の入学式が4月6日に日本武道館で執り行われ、石田洸介と藤原孝輝という2人の高校記録保持者が東洋大に入学。同校を通じてコメントを発表した。

男子5000mで高校記録(13分34秒74)を持つ東農大二高(群馬)出身の石田。東洋大を選んだ理由に「世界で戦える選手になりたいと思い、酒井俊幸監督の指導を受けたかったから」だと話す。目標は「在学中に2024年のパリ五輪に出場すること」と、出雲、全日本、箱根の「三大駅伝優勝に貢献すること」だと意気込む。

京都・洛南高出身の藤原は高2時に、走幅跳で高校生初の8mジャンパー(8m12=U20日本記録)となりインターハイで優勝。110mハードルでも13秒台を持ち、日本陸連のダイヤモンドアスリートに選出されている。洛南高からは短距離の桐生祥秀(現・日本生命)や宮本大輔ら、多くの先輩たちが東洋大へ。「新しい環境に対して期待と不安が入り交じっています」という藤原。「走幅跳と110mハードルの2種目を続けて、記録の向上を目指していきたい」と語り、「世界の大会へ出場して結果を残したい」と目標を語った。

■コメント
石田洸介(総合情報学部総合情報学科)
「春から東洋大学に入学しました。東洋大学に進学した理由は、世界で戦える選手になりたいと思い、酒井俊幸監督の指導を受けたかったからです。在学中の個人の目標は2024年に開催予定のパリオリンピックに出場すること、三大駅伝優勝に貢献することです。活躍されたOBの方々が着た鉄紺のユニフォームで、今年度のチームのスローガンである『鉄紺の証明』のもと、強い東洋大学の選手を目指して日々頑張ります」

藤原孝輝(法学部企業法学科)
「18年間過ごした家を離れ、東洋大学に入学、入寮しました。新しい環境に対して期待と不安が入り交じっています。この新しい環境にいち早く慣れ、勉学や陸上競技に集中して取り組みたいと考えています。特に陸上競技では、走幅跳と110mHの2種目を続け、記録の向上を目指していきたいと思っています。学生の大会だけでなく、日本全国や世界の大会へ出場し、結果を残せるよう精進します」



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com