月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

駒大OB窪田忍がトヨタ自動車から九電工へ移籍 新天地で復活へ


九電工は4月1日付で新加入する男子4選手、女子3選手を発表。駒大を卒業後、昨シーズンまでトヨタ自動車に所属していた窪田忍が加入した。

窪田は福井・鯖江高校から駒大へ進学。駒大では1年目から主力として活躍し、出雲、全日本、箱根の3大駅伝では4年間で5度の区間賞を獲得している。箱根では1年時に7区、2年時に9区で区間賞。

大学4年時のびわ湖毎日マラソンで初マラソン。14年にトヨタ自動車に加入し、1年目(15年)の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)では4区を務めてチームの優勝に貢献した。しばらく本調子から遠ざかったが、昨年11月には10000mで27分台をマークし、今年のニューイヤー駅伝では4区6位と復調していた。大迫傑(Nike)や設楽兄弟ら「黄金世代」の1人が、新天地で復活を目指す。

・九電工新加入選手
男子/窪田忍、伊東颯汰、原富慶季、吉里 駿
女子/小園彩華、中須瑠菜、森田真帆

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com