月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

リオ五輪マラソン代表の佐々木悟氏が亜細亜大コーチに就任


2016年リオ五輪男子マラソン代表で、昨年12月の福岡国際マラソンで現役を引退した佐々木悟氏が、4月1日付で亜細亜大陸上競技部のコーチに就任したことが同大から発表された。同じ旭化成OBの佐藤信之監督、パトリック・ムエンド・ムワカ・コーチとともに、近年箱根駅伝出場を逃すなど苦戦が続く状況を打破すべく、指導者としてスタートを切る。

佐々木氏は秋田県大仙市出身の35歳。秋田工高時代は全国高校駅伝で2、3年時に3区を走り、大東大では4年連続で箱根駅伝に出走
するなど、ロードで強さを発揮してきた。2008年に入社した旭化成でも、11年~16年まで名門の主将を務めたほか、駅伝、マラソンで活躍。15年の福岡国際で生涯ベストとなる2時間8分56秒をマークして日本人トップを占め、翌年のリオ五輪代表に
選出。本番は日本人最上位の16位に入った。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com