月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

全国中学4×100mリレー優勝経験者が大相撲へ


「朝走雷」の四股名で角界入りを果たした吉田雷希(左から2人目)

日本相撲協会は3月14日に新弟子検査の結果を発表し、2012年に行われた全中千葉大会男子4×100mリレーで優勝した文岡中(三重)の2走を務めた吉田雷希が合格したことが明らかになった。

吉田は小学生時代に、現在幕内で活躍する志摩ノ海らを輩出した志友館相撲道場(三重県志摩市)で相撲を始め、全国大会に出場した経験も持つ。
中学入学後は陸上部に入部して短距離に取り組み、2年時にリレーで全国制覇。3年時には個人の100mでも全中に出場している。
その後、東海大翔洋高(静岡)では100m11秒00のベストをマーク。岐阜経大(現・岐阜協立大)でも陸上を続けたが、相撲への思いを断ち切れず、今年3月に弟の桐龍とともに高砂部屋に入門していた。

高砂部屋のホームページによると「朝走雷」の四股名で5月場所(5月9日~23日)に初土俵を踏むという。

タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com