月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

青木益未が60mHでアジア歴代4位の8秒05で連覇! 予選で出した日本記録をさらに更新/日本選手権室内

◇日本選手権室内(3月17、18日/大阪城ホール)

日本選手権室内の初日、女子60mハードル決勝で青木益未(七十七銀行)が予選で出した室内日本記録を0秒01更新する8秒05で連覇を果たした。

青木は前年のこの大会で8秒11の室内日本記録を樹立。予選で8秒06と短縮すると、決勝ではさらにギアを上げた。得意の前半から抜け出すと、終盤になっても他を寄せ付けずにフィニッシュ。タイマーを見て笑顔を見せていたが、「7秒台を狙っていたので残念。スタートから1台目、2台目とリズムアップしていけば勢いよくいけますが、そこで構えて合わせにいってしまった。木村(文子)さんや寺田(明日香)さんを意識しちゃったのかな」と悔しそうな表情を浮かべながらレースを振り返った。

昨年はこの大会での優勝を経て、10月の日本選手権100mハードルでは13秒02(-0.1)と自己新記録をマークしての2年ぶり優勝につなげた。今後については「今年はオリンピックイヤーで周りはたくさんの人が期待してくれている。自分でも(五輪出場に)自信があるので、前半シーズンで参加標準記録(12秒84)とワールドランキングの両方で狙っていきたい」と意気込みを口にした。

ロンドン五輪代表の木村文子(エディオン)が8秒12で2位。昨年10月に広島大大学院へ進学し、一時は陸上競技から距離をとった時期もあったが、「今は陸上競技と向き合う時間が前年度よりも増えています。予選から挑戦者の気持ちでワクワクして臨みました」と、久しぶりに陸上のレースを楽しんでいる様子だった。

鈴木美帆(長谷川体育施設)が8秒17で3位に食い込み、100mハードルの日本記録保持者である寺田明日香(パソナグループ)は8秒27で5位だった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com