月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

駿河台大が女子駅伝部を創設 監督に法大OBの松垣省吾氏

駿河台大は17日、2021年4月より女子駅伝部を新設することを発表した。法大OBの松垣省吾氏が監督に就任する予定で、全日本大学女子駅伝や全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝)での上位入賞を目指す。

松垣氏は法大時代に箱根駅伝の山下り6区で2度の区間2位と好走し、2006年の復路優勝にも貢献。大学卒業後はNTT西日本で8年間選手として活動し、全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)には3度出場した。

2015年の現役引退後はパラ日本代表ブラインドランナーのコーチ兼伴走を務め、2017年の世界パラ選手権ロンドン大会5000mでは6位入賞をサポート。現在はランニングスクール「 MATSU RUN」の代表として、初心者からアスリートまで幅広いレベルのランナーの指導にあたっている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com