HOME ニュース、海外

2021.03.15

男子100mアジア記録保持者・蘇炳添が17ヵ月ぶりの復帰戦で60m6秒49/中国室内選手権
男子100mアジア記録保持者・蘇炳添が17ヵ月ぶりの復帰戦で60m6秒49/中国室内選手権

17ヵ月ぶりの復帰戦を飾った蘇炳添(左端)。写真は100mで金メダルを獲得した2018年アジア大会

3月12日、中国・成都で開催された中国室内選手権の男子60mで蘇炳添が6秒49をマークして優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

蘇炳添は2015年に100mで黄色人種初の9秒台を出した選手で、同年の北京世界選手権ではアジア生まれの選手として初の同種目ファイナリストに(9位)。17年のロンドン世界選手権では8位に入り、18年には9秒91のアジアタイ記録も残している。

19年からの背中と腰の怪我を抱えており、今回は17ヵ月ぶりの復帰レース。18年にマークした自己記録6秒42(アジア記録)には届かなかったものの、「これが良いスタートになることを願っている。東京五輪の前に、今回のような競技会がまたほしい」とコメントした。

男子走高跳は18年アジア大会覇者の王宇が2m25で優勝。男子走幅跳では16年世界室内選手権銅メダリストの黄常洲が8m12で制し、屋外で8m47のベストを持つ王嘉男は7m94mで2位だった。女子棒高跳のアジア記録(4m72)保持者である李玲は4m65をマークして優勝している。

17ヵ月ぶりの復帰戦を飾った蘇炳添(左端)。写真は100mで金メダルを獲得した2018年アジア大会 3月12日、中国・成都で開催された中国室内選手権の男子60mで蘇炳添が6秒49をマークして優勝した。 蘇炳添は2015年に100mで黄色人種初の9秒台を出した選手で、同年の北京世界選手権ではアジア生まれの選手として初の同種目ファイナリストに(9位)。17年のロンドン世界選手権では8位に入り、18年には9秒91のアジアタイ記録も残している。 19年からの背中と腰の怪我を抱えており、今回は17ヵ月ぶりの復帰レース。18年にマークした自己記録6秒42(アジア記録)には届かなかったものの、「これが良いスタートになることを願っている。東京五輪の前に、今回のような競技会がまたほしい」とコメントした。 男子走高跳は18年アジア大会覇者の王宇が2m25で優勝。男子走幅跳では16年世界室内選手権銅メダリストの黄常洲が8m12で制し、屋外で8m47のベストを持つ王嘉男は7m94mで2位だった。女子棒高跳のアジア記録(4m72)保持者である李玲は4m65をマークして優勝している。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top