月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子100mアジア記録保持者・蘇炳添が17ヵ月ぶりの復帰戦で60m6秒49/中国室内選手権

17ヵ月ぶりの復帰戦を飾った蘇炳添(左端)。写真は100mで金メダルを獲得した2018年アジア大会

3月12日、中国・成都で開催された中国室内選手権の男子60mで蘇炳添が6秒49をマークして優勝した。

蘇炳添は2015年に100mで黄色人種初の9秒台を出した選手で、同年の北京世界選手権ではアジア生まれの選手として初の同種目ファイナリストに(9位)。17年のロンドン世界選手権では8位に入り、18年には9秒91のアジアタイ記録も残している。

19年からの背中と腰の怪我を抱えており、今回は17ヵ月ぶりの復帰レース。18年にマークした自己記録6秒42(アジア記録)には届かなかったものの、「これが良いスタートになることを願っている。東京五輪の前に、今回のような競技会がまたほしい」とコメントした。

男子走高跳は18年アジア大会覇者の王宇が2m25で優勝。男子走幅跳では16年世界室内選手権銅メダリストの黄常洲が8m12で制し、屋外で8m47のベストを持つ王嘉男は7m94mで2位だった。女子棒高跳のアジア記録(4m72)保持者である李玲は4m65をマークして優勝している。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com