月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【男子やり投】巖が高校歴代2位を更新する74m96、鈴木が高校歴代9位の72m30

京都陸協記録会(投てき記録会)が3月14日に丹波自然運動公園陸上競技場で行われ、男子やり投では昨年の全国高校大会王者の巖優作(市尼崎3兵庫)が自身の持つ高校歴代2位の記録を67cm更新する74m96を放った。また、全国高校大会3位の鈴木凜(山梨学院3)も、自己ベストを14cm上回る高校歴代9位の72m30をマークした。

■男子やり投 高校歴代10傑
76.54 村上 幸史(今治明徳3愛媛) 1997.10.19
74.96 巖  優作(市尼崎3+兵庫) 2021. 3.14
74.26 島田 浩次(東稜2京都) 1987.10.28
74.20 森   秀(今治明徳3愛媛) 2014. 5. 4
73.98 山田 啓太(安積3福島) 2005. 8. 5
73.28 長沼  元(高田3岩手) 2015.10. 5
72.53 寒川建之介(十津川3奈良) 2012.10. 7
72.52 森沢 公雄(鳥取商3鳥取) 1988. 7. 3
72.30 鈴木  凜(山梨学院3+山梨) 2021. 3.14
72.26 植   徹(美作2岡山) 1992. 8. 5


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com