月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

名城大・小林が「0秒差」の接戦制す! 2位の鈴木は2大会連続のユニバ代表へ/日本学生女子ハーフ

◇第24回日本学生女子ハーフマラソン選手権(3月14日/東京・立川市・陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース)

8月に中国・成都で開催されるワールドユニバーシティゲームズ(旧ユニバーシアード)の代表選考会も兼ねた第24回日本学生女子ハーフマラソン選手権が14日に東京・立川市で行われ、女子は名城大の小林成美が1時間14分36秒で制した。

強風の中で行われたレースは大東大の鈴木優花(3年)と山賀瑞穂(2年)が序盤で抜け出す展開に。その後はペースが落ち、15km地点では15人の大集団を形成。残り3kmを過ぎて鈴木、名城大の小林&荒井優奈(2年)の3人が抜け出すと、最後は鈴木と小林の一騎打ちとなり、小林がわずかに先着した。

同タイムで2位の鈴木は2大会連続のユニバ代表へ。3位は荒井が入った。

■日本学生女子ハーフ
1位 小林成美(名城大2) 1.14.36
2位 鈴木優花(大東大3) 1.14.36
3位 荒井優奈(名城大2) 1.14.45
4位 矢尾桃子(関西外大2)1.15.14
5位 黒田 澪(日体大2) 1.15.22
6位 小松優衣(松山大2) 1.15.24
7位 高橋ひより(東農大3)1.15.52
8位 北川星瑠(大阪芸大1)1.16.00

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com