月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

強風の中、松田が自己2番目の2時間21分51秒で涙の優勝!/名古屋ウィメンズマラソン


◇名古屋ウィメンズマラソン(3月14日/愛知県名古屋市・バンテリンドーム ナゴヤ発着)

東京五輪代表補欠の松田瑞生(ダイハツ)がセカンドベストの2時間21分51秒(速報値)で大会初優勝を飾った。

スタート直後、ペースメーカーが設定タイム(1km/3分20~21秒)を上回るペースで飛び出し、ついたのは松田に佐藤早也伽(積水化学)、上杉真穂(スターツ)、福良郁美(大塚製薬)の4人。5kmを16分34秒、10kmを33分02秒で通過して、12km過ぎには優勝争いは早くも松田と佐藤に絞られた。ハーフの通過は1時間10分23秒。時折、向かい風が強く吹きつける中、23km手前で佐藤が遅れ出すと、先頭は松田とペースメーカーのローズメリー・ワンジル・モニカ(スターツ)の2人となった。

25kmを1時間23分29秒で通過し、30km(1時間40分27秒)でペースメーカーが離れると、松田は独走。時折顔をしかめつつも、力強い走りは最後まで衰えなかった。風が災いして大会記録(2時間20分29秒)や自己記録(2時間21分47秒)には届かなかったが、その強さを示すマラソン3勝目となった。

フィニッシュ後、涙を流した松田は「悔し涙。不甲斐ないレースで申し訳ないです。昨年は競技を続けられないと思ったこともあったが、多くの人の励ましに感謝しています。自分を超えたかったです」と話していた。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com