月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

マラソン川内優輝サブ2時間20分100回でギネス認定「150回、200回と」


読売新聞社代表撮影
マラソンの川内優輝(あいおいニッセイ同和損害保険)が、マラソン2時間20分以内における最多完走数「100回」がギネス世界記録に認定され、その認定式が3月2日に行われた。川内は「6歳からコツコツ続けてきたことが結びついた。150回、200回と健康な身体を維持して達成したい」と喜びを語った。

川内はすでに2018年に78回を数えた時点でギネス世界記録に認定されていたが、昨年12月の防府読売マラソンで「100回」となったことで、再度申請していた。川内の初マラソンは2009年2月の別府大分毎日マラソンで2時間19分26秒。11年東京マラソンでは2時間8分37秒で「初サブテン」を記録した。同年にはテグ世界選手権代表に。さらに13年モスクワ、17年ロンドン、19年ドーハとこれまで4大会で世界選手権代表となっている。14年アジア大会では銅メダルを獲得、18年ボストンマラソンでは日本人として31年ぶりに優勝を飾った。

埼玉県庁所属の公務員ランナーとして活動してきたが、19年3月で退職し、プロランナーに。同年4月から現在の所属先で登録。今年2月28日のびわ湖毎日マラソンでは2時間7分27秒と8年ぶりに自己記録を更新し、101回目のサブ2時間20分を達成。目指してきた2時間7分台に、自身のSNSで「涙が出るほどうれしかった」と語っていた。なお、フルマラソンは109回出場している。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com