月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

5000m元日本記録保持者、北京五輪代表・松宮隆行が現役引退 今後は指導に専念


愛知製鋼は男子5000m元日本記録保持者で、北京五輪代表の松宮隆行(41歳)が現役を引退すると発表した。

松宮は秋田・花輪高を卒業後、1998年に双子の弟・祐行(現・セキノ興産)とともにコニカミノルタに加入。持ち味のスピードを生かして成長を遂げると、2007年大阪世界選手権5000mに出場。翌年には5000mと10000mで北京五輪に出場した。2003年には熊日30キロロードレースで1時間28分36秒の世界最高記録(当時)をマーク。2007年、ベルギーの競技会で5000mにおいて13分13秒20の日本記録を樹立した。その後はマラソン、ロードで活躍。コニカミノルタ時代にはニューイヤー駅伝で8度の優勝に貢献している。

2015年から愛知製鋼に移籍し、コーチを兼任しながらニューイヤー駅伝などで安定した走りを見せていた。昨年は5000mで40歳以上で日本人初の13分台となる13分58秒61をマーク。今年のニューイヤー駅伝は自身20回目の出場で、6区23位で走破していた。日本選手権では5000m、10000mで3回ずつ優勝。スピードと安定感で数々の功績を残した名ランナーだった。

今後は同社のコーチに専念する。松宮は「皆様からの温かい声援によりここまで競技を続けることができました。誠にありがとうございました。今後も、愛知製鋼陸上競技部への変わらぬご声援、どうぞよろしくお願いいたします」とコメントしている。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com