月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

三浦龍司がシニア選手を抑えて初優勝! 女子は萩谷が独走V/日本選手権クロカン

第104回日本選手権クロスカントリーが27日に福岡・国営海の中道海浜公園の1周2kmのコースで行われ、男子10kmは3000m障害で日本歴代2位の8分19秒73を持つ19歳の三浦龍司(順大)が29分10秒で初優勝を飾った。

序盤は目まぐるしく先頭が入れ替わる中、三浦と松枝博輝(富士通)を先頭にラスト1周へ。残り1kmを前に田村友佑(黒崎播磨)と田村和希(住友電工)の兄弟が先頭に立ってペースアップを図ったものの、再び三浦と松枝による争いとなり、三浦が大学の先輩にあたる松枝を同タイムながら先着してレースを制した。3位には今井篤弥(トヨタ自動車九州)が入り、田村和が4位、鈴木塁人(SGホールディングスグループ)が5位となった。

三浦はレースを振り返り、「シニアの選手の背中を追って、粘って勝負できたらと思っていましたが、レースプラン通りに競り勝つことができました。正直最後でかわされると思ったけど、余力が残っていたので、トップを譲らなかったのは(自身の)成長を感じました」とコメント。今後は本職の3000m障害でオリンピック出場を目指すことになるが、「まずは確実に出場を決め、その後は日本記録を目指していきたいと思います」と意欲を見せた。

女子8kmは2周目で独走状態となった萩谷楓(エディオン)が逃げ切り、25分53秒で初優勝。高校生の酒井美玖(北九州市立高・福岡)が大健闘の2位に食い込み、3位は和田有菜(名城大)、前々回覇者で東京五輪5000m代表の田中希実(豊田自動織機TC)は4位でフィニッシュした。

積極的なレースで大会を制した萩谷は「いつもと違うレースをしたいと思って、自分のレースに徹しました。苦しくてダメダメになってもいいと思って飛び出しましたが、思ったより走れたので今後の自信になります」と笑顔でレースを振り返った。昨年は1学年上の田中とともに数々の好勝負を繰りひろげ、7月に5000mで日本歴代6位の15分05秒78をマーク。12月の日本選手権5000mでは3位に入っていた。

U20男子8kmは高校2年生の佐藤圭汰(洛南高・京都)が2位に28秒差をつける23分19秒で圧勝。同女子6kmは不破聖衣来(健大高崎高・群馬)が19分49秒で頂点に立った。

■上位成績
●男子10km
①三浦龍司(順大)           29.10
②松枝博輝(富士通)          29.10
③今井篤弥(トヨタ自動車九州)     29.16
④田村和希(住友電工)         29.17
⑤鈴木塁人(SGホールディングスグループ)29.18
⑥田村友佑(黒崎播磨)         29.20
⑦藤本珠輝(日体大)          29.21
⑧川瀬翔矢(皇學館大)         29.24

●女子8km
①萩谷 楓(エディオン)       25.54
②酒井美玖(北九州市立高・福岡)   26.20
③和田有菜(名城大)         26.21
④田中希実(豊田自動織機TC)      26.22
⑤川口桃佳(豊田自動織機)      26.35
⑥鷲見梓沙
(ユニバーサルエンターテインメント) 26.58
⑦山ノ内みなみ(京セラ)       27.11
⑧阿部有香里(しまむら)       27.16

●男子U20・8km
①佐藤圭汰(洛南高・京都)  23.19
②太田蒼生(大牟田高・福岡) 23.47
③南坂柚汰(倉敷高・岡山)  23.54
④田中悠登(敦賀気比高・福井)23.59
⑤山﨑皓太(洛南高・京都)  24.03
⑥山本歩夢(自由ケ丘高・福岡)24.04
⑦若林宏樹(洛南高・京都)  24.07
⑧堀田晟礼(千原台高・熊本) 24.07

●女子U20・6km
①不破聖衣来(健大高崎高・群馬) 19.49
②三原 梓(立命館宇治高・京都) 20.14
③小坂井智絵(成田高・千葉)   20.19
④小川陽香(順天高・東京)     20.27
⑤並木美乃(常磐高・群馬)    20.27
⑥永長里緒(筑紫女学園高・福岡) 20.29
⑦野田真理耶(北九州市立高・福岡)20.36
⑧土井菜月(須磨学園高・兵庫)  20.40



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com