月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

棒高跳世界記録保持者・デュプランティスが今季世界最高の6m03!ラヴィレニら抑える


2月6日、フランス・ルーアンで行われた世界陸連室内ツアー・シルバーカテゴリーの室内棒高跳競技会で、A.デュプランティス(スウェーデン)が6m03を跳んで優勝した。1月末にR.ラヴィレニ(フランス)がマークした6m02を上回り、今季世界最高となる。

世界記録保持者(室内6m18、屋外6m15)のデュプランティスは、普段なら難なくクリアする5m60の1回目でミスする珍しいスタートを切った。だが、その後は5m73、83、93と順当にクリアする。デュプランティスは6m03を成功し、前世界記録保持者のラヴィレニ、19年ドーハ世界選手権優勝のサム・ケンドリックス(米国)、C.ニルセン(同)がここで脱落。その後、自身が持つ世界記録を1cm上回る6m19に挑戦し、2回目に惜しい跳躍を見せたがクリアはならなかった。

デュプランティスは今年初戦となった1週間前にも室内で6m01を跳んでおり、「毎試合は難しいが、また6mを超えられてうれしい」と語る。今大会の大会記録は14年にラヴィレニが作った6m04で、「来年、更新するためにまた出場したい」と意欲を示した。

ラヴィレニとニルセンが5m93で2位タイ、5m83のケンドリックスが4位。また、女子はH.ブラッドショー(米国)が今季世界最高となる4m85で優勝している。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com