月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

19年世界選手権・走幅跳女王ミハンボが今季世界最高の6m77 クレモンズ60mHで7秒83


2月5日、ベルリン(ドイツ)で世界陸連室内ツアー・シルバーラベルの室内競技会が無観客で開催された。女子走幅跳ではM.ミハンボ(ドイツ)が6m77の今季世界最高でV。1本目でこの記録をマークし、シーズンベストを3cm更新した。ミハンボは19年ドーハ世界選手権の金メダリスト。屋外では7m20の自己ベストを持っている。
女子60mハードルはC.クレモンズ(米国)が7秒83の今季世界最高で優勝。30歳のクレモンズは2018年の世界室内選手権で2位、17年のロンドン世界選手権で5位に入っている。19年に横浜で行われた世界リレーのシャトルハードルリレー優勝した米国チームのメンバー。同年の世界選手権は全米選手権8位で出場を逃している。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com