HOME ニュース、国内、海外
5月予定のアジア選手権中止 ワールドランキングで五輪狙う選手に大打撃
5月予定のアジア選手権中止 ワールドランキングで五輪狙う選手に大打撃

5月20日から23日に中国・杭州で開催を予定していた第24回アジア選手権を中止するとアジア陸連が発表した。

アジア選手権はワールドランキング制度において、世界陸連(WA)が設定する大会カテゴリー(格付け)で上から4番目の「カテゴリーGL」で、ポイント獲得を見込める大会。東京五輪の出場資格は参加標準記録とワールドランキングによるダブルスタンダードが採用されているため、参加標準記録突破に届かない種目については、ワールドランキングでの出場を目指す。そのため、アジア選手権はポイント獲得のための重要な位置づけとなっており、大きな痛手となる。東京五輪に向けて各選手・チームは戦略的な変更を強いられそうだ。

また、同理事会では、判明済みのアジアマラソン選手権や全日本能美併催のアジア選手権競歩の中止、3月のアジアリレー(タイ)も延期(日程未定)に加え、3月に予定されていた第4回アジアユース選手権(クウェート)を10月に延期が決まっている。

※ワールドランキング……記録をポイント化しているWAスコアリングテーブル(風速なども考慮)による「リザルトスコア」と、大会の格付けなどによる順位ポイントが定められている「順位スコア」を合わせた「パフォーマンススコア」により順位が決まる。種目によって必要パフォーマンス(試合)数が異なり、2~5試合が求められる。

5月20日から23日に中国・杭州で開催を予定していた第24回アジア選手権を中止するとアジア陸連が発表した。 アジア選手権はワールドランキング制度において、世界陸連(WA)が設定する大会カテゴリー(格付け)で上から4番目の「カテゴリーGL」で、ポイント獲得を見込める大会。東京五輪の出場資格は参加標準記録とワールドランキングによるダブルスタンダードが採用されているため、参加標準記録突破に届かない種目については、ワールドランキングでの出場を目指す。そのため、アジア選手権はポイント獲得のための重要な位置づけとなっており、大きな痛手となる。東京五輪に向けて各選手・チームは戦略的な変更を強いられそうだ。 また、同理事会では、判明済みのアジアマラソン選手権や全日本能美併催のアジア選手権競歩の中止、3月のアジアリレー(タイ)も延期(日程未定)に加え、3月に予定されていた第4回アジアユース選手権(クウェート)を10月に延期が決まっている。 ※ワールドランキング……記録をポイント化しているWAスコアリングテーブル(風速なども考慮)による「リザルトスコア」と、大会の格付けなどによる順位ポイントが定められている「順位スコア」を合わせた「パフォーマンススコア」により順位が決まる。種目によって必要パフォーマンス(試合)数が異なり、2~5試合が求められる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top