月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

三段跳・世界選手権銅のザンゴが18m07で10年ぶり室内世界新 室内初18m超


2019年ドーハ世界選手権、男子三段跳で銅メダルを獲得しているF.ザンゴ・ユゲ(ブルキナファソ)が室内競技会に出場し、室内世界新記録となる18m07をマークした。従来の室内世界記録はフランスのT.タムゴーが2011年に樹立した17m92で、室内では初の18m超え。なお、屋外の世界記録はジョナサン・エドワーズ(英国)の18m29(1995年)。

27歳のザンゴはドーハで銅メダル、屋外では17m77の自己記録を持つ。ブルキナファソ出身選手で初の世界記録保持者となると同時に、男子の跳躍種目(走高跳、棒高跳、走幅跳、三段跳)において、アフリカ出身選手初の世界記録ホルダーとなった。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com