月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子800m元U20世界記録保持者キプケテルがドーピング検査違反で資格停止


男子800mの元U20世界記録保持者、A.キプケテル(ケニア)にドーピング検査違反のため2年間の資格停止処分が下された。12ヵ月間に3度以上の検査未了があったため。

キプケテルは昨年1月から暫定処分を受けていたが、2019年11月26日から今年の11月25日までの停止処分が確定。2018年11月から2019年9月までに4度検査未了があり、3度目の違反(19年8月)については「家族に火急の用がありナイロビへ行かなければならなかった」と説明していたが、世界陸連(WA)の独立監査機関「AIU(アスリート・インテグリティ・ユニット)」は居場所情報変更のために十分な期間があったとして主張を退けた。この判定により、今年の東京五輪への出場の可能性は失われることになる。

キプケテルは2015年北京世界選手権、16年リオ五輪でいずれも7位。一昨年にはセイコーゴールデングランプリ大阪に出場している。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com