月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

長距離の小松陽平が日立物流へ移籍 東海大時代に箱根駅伝MVP


日立物流は1月4日付で小松陽平が加入したと発表した。小松は大卒1年目でプレス工業から移籍したかたち。東海大時代に箱根駅伝で8区で3、4年時に区間賞を獲得。3年時は区間記録を樹立して同大初の総合優勝に貢献した。実業団1年目の今シーズンは東日本実業団対抗駅伝で1区を務めている。

小松は自身のSNSを更新し、「1年間お世話になり、さらに私の新しい環境で陸上を続けたいという思いを理解して下さったプレス工業には感謝しかありません」と古巣への感謝を述べ、「新天地でも頑張りますのでこれからも応援よろしくお願い致します」と綴っている。日立物流は今年のニューイヤー駅伝で総合4位。設楽啓太や服部翔大らが在籍している。

こまつ・ようへい/1997年11月2日生まれ。北海道出身。東海大四高→東海大。自己記録は5000m13分46秒97、10000m28分35秒63、ハーフマラソン1時間3分07秒


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com