月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝】区間エントリー発表! 王者・青学大は吉田を1区、竹石を5区に登録、順大・三浦は全日本に続く1区へ


1月2日、3日に開催される第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(以下、箱根駅伝)の区間エントリーが発表され、前回王者の青学大はエースの吉田圭太(4年)が2年連続の1区に登録。2年ぶり3度目の山上りに挑む竹石尚人(4年)が5区に入り、前回9区で区間賞を獲得している主将の神林勇太(4年)は補欠に入った。

11月の全日本大学駅伝を制した駒大はエースの田澤廉(2年)を“花の2区”に登録。前回まで2年連続で5区を担った伊東颯汰(4年)が8区に入っており、山上りは新戦力が担うことになる。

前回大会と全日本で2位に甘んじた東海大は強力4年生トリオの塩澤稀夕、名取燎太、西田壮志が軸となりそうだが、西田が3年連続の5区、名取が2区、塩澤は補欠登録となった。

全日本で3位に食い込み、上記「3強」にもっとも近い存在とされる明大は往路候補の小袖英人(4年)、鈴木聖人(3年)、手嶋杏丞(3年)がそろって補欠にエントリー。16人中14人が10000m28分台という巨大戦力で72年ぶり頂点を狙う。

東洋大は前回5区区間賞の宮下隼人(3年)が再び同じ区間に配置され、全国都道府県対抗駅伝5区区間賞の実績を持つ1年生の松山和希が2区。帝京大は前回の1区から3区(小野寺悠、星岳、遠藤大地)がそのままエントリーし、往路序盤から“勝負”を仕掛けていきそうだ。

10月17日の箱根駅伝予選会で日本人トップ(5位)を飾り、全日本1区でも区間賞を獲得している順大のルーキー・三浦龍司は1区へ。同じく1年生では5000mでU20日本記録(13分25秒87)を持つ中大の吉居大和が補欠に入っており、順当なら当日変更で往路のどこかに起用されそう。

今大会から選手交代枠に関するルールが変更され、往路・復路ともに1日最大4人まで、合計6人まで当日変更が認められた。そのため、今回の区間エントリーでは各校とも主力を温存している傾向が強く、指揮官同士の戦略バトルがすでに勃発している印象だ。

往路・復路とも、正式なオーダーは当日の朝6時50分に発表される。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com