月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝】東洋大エントリー発表!エース・西山、5区区間賞・宮下が中心


第97回箱根駅伝(2021年1月2日、3日)のチームエントリー16名が発表された。2019年まで11年連続でトップ3を保ってきた東洋大は、前回まさかの10位。前回5区区間賞の宮下隼人(3年)、3年連続1区の西山和弥(4年)ら、中心選手がエントリーされた。一方、主将の大森龍之介(4年)が外れ、西山が駅伝主将に就任した。また、前回10区の及川瑠音(2年)もエントリーから漏れた。

逆襲を図る今季は全日本大学駅伝で6位。2、3区でタスキをつないだ松山和希、佐藤真優ら1年生も調子が良い。勢いのある1~3年生に負けじと4年生が意地を見せれば、東洋大らしい「1秒をけずりだす」駅伝をして上位に加わりそうだ。

12月29日に区間エントリー10人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。今大会より当日変更は6人までとなった(※1日4人まで)。

■東洋大のエントリー選手16名
大澤  駿4
小田 太賀4
西山 和弥4
野口 英希4
吉川 洋次4
蝦夷森章太3
腰塚 遥人3
宮下 隼人3
久保田悠月2
児玉 悠輔2
清野 太雅2
前田 義弘2
九嶋 恵舜1
佐藤 真優1
松山 和希1
村上 太一1

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com