月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】新谷仁美が30分20秒44!日本記録28秒以上も更新して五輪内定/日本選手権

東京五輪選考会を兼ねた日本選手権・長距離が大阪・ヤンマースタジアム長居で行われ、女子10000mで新谷仁美(積水化学)が7年ぶりに優勝し、すでに五輪参加標準記録(31分25秒00)を突破済みのため東京五輪代表に内定。優勝記録30分20秒44は、渋井陽子(三井住海上)が2002年に樹立した30分48秒89の日本記録を18年ぶりに28秒以上も更新した。今季の世界ランキング2位、世界歴代22位に入る。

■新谷仁美のラップ手元の集計
1000m3.02
2000m6.08
3000m9.05
4000m12.05
5000m15.07
6000m18.10
7000m21.12
8000m24.16
9000m27.20
10000m30.20.40


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com