月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【マラソン】服部勇馬が右腓腹筋痛のため福岡国際マラソン欠場


12月6日の第74回福岡国際マラソンにエントリーをしていた服部勇馬(トヨタ自動車)が右腓腹筋痛のため欠場することが大会事務局から発表された。
昨年のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)で2位となり東京五輪マラソン代表に内定していた服部。今年9月の全日本実業団対抗選手権10000mで27分47秒55の自己新記録を出すなど好調で、今大会では大迫傑(Nike)が持つ日本記録(2時間5分29秒)の更新も期待されていた。
■服部勇馬コメント
12月6日福岡国際マラソンを欠場する事となりました。
大会、報道関係者の皆様、そしてレースでの応援を心待ちにしてくださっていた
ファンの皆様には、本当に申し訳ない気持ちです。
今回、マラソンのスタートラインに立つ難しさを改めて感じています。この経験がこれからの私を成長させてくれる糧になると信じて、新たな目標に向かって前進していきます。
またいつの日か必ず、成長した姿で福岡国際マラソンに臨みたいと思います。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com