月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】女子ハーフマラソン21歳・イェフアラウが世界歴代2位の1時間4分46秒/デリーハーフマラソン

11月29日、インド・デリーで行われたデリーハーフマラソンで、エチオピアの21歳、Y.イェフアラウ(エチオピア)が1時間4分46秒で優勝した。この記録はA.イェシャネー(エチオピア)が今年2月に樹立した世界記録(1時間4分31秒)に次ぐ世界歴代2位。優勝賞金と大会記録ボーナスで約400万円を手にした。イェフアラウは世界ハーフマラソンでも3位に入っている伸び盛りの選手。

レースは女子マラソン世界記録保持者のB.コスゲイ(ケニア)とハーフ世界記録保持者のイェシャネーの対決に注目が集まった今大会。5km通過が15分27秒でその2人を含めた6人で先頭集団が通過。だが、しかし8km過ぎにコスゲイが途中棄権。

その後はイェシャネー、イェフアラウ、R.チェプンゲティチ(ケニア)、I.チェプテイ(ケニア)の4人となり、10km通過は30分49秒。チェプタイが12kmで離れ、三つ巴に。最後はラストスパートで競り勝ったイェフアラウが優勝。自己記録1時間5分19秒を更新した。2位のチェプンゲティチも1時間5分06秒の自己新で、世界歴代6位にランクイン。イェシャネーは3位だった。

男子はエチオピアのA.ワレレンが58分53秒で優勝した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com