HOME ニュース、国内

2020.11.12

【短距離】飯塚翔太、市川華菜がイベント会見で近況報告 五輪イヤー見据え冬季に臨む
【短距離】飯塚翔太、市川華菜がイベント会見で近況報告 五輪イヤー見据え冬季に臨む


左から元競泳選手の中村真衣さん、女子短距離の市川華菜(ミズノ)、塩水港精糖グループの久野修慈代表取締役会長、男子短距離の飯塚翔太(ミズノ)

砂糖メーカーである塩水港精糖とパールエースが11月12日に都内で『ビーツドリンク』発表会を開催し、2016年リオ五輪男子4×100mリレー銀メダリストの飯塚翔太と、2017年日本選手権女子100m、200m覇者の市川華菜(ともにミズノ)が出席して近況を明かした。

10月上旬の日本選手権男子200mで2年ぶり4回目の優勝を飾った飯塚は、その後10日ほどリフレッシュに充てて10月下旬からトレーニングを再開。「200mは前半のスピードは世界のトップとそれほど変わらないが、ラスト80mの減速が大きい。100mは最初の20mから40mの局面に技術的な課題があるので、それらを克服できるようにトレーニングをしていきたい」と来季を見据えた。

一方の市川はシーズンを通してケガが続き、今年の日本選手権は100mで予選落ち。その後は股関節周辺の筋肉を肉離れしていたことが判明し、「オフを取るというよりは痛いところを治すことに専念しました。この冬は初心に帰って土台作りを。母校の中京大でも練習ができるようになったので、学生と走り込みます」と意気込んだ。

左から元競泳選手の中村真衣さん、女子短距離の市川華菜(ミズノ)、塩水港精糖グループの久野修慈代表取締役会長、男子短距離の飯塚翔太(ミズノ) 砂糖メーカーである塩水港精糖とパールエースが11月12日に都内で『ビーツドリンク』発表会を開催し、2016年リオ五輪男子4×100mリレー銀メダリストの飯塚翔太と、2017年日本選手権女子100m、200m覇者の市川華菜(ともにミズノ)が出席して近況を明かした。 10月上旬の日本選手権男子200mで2年ぶり4回目の優勝を飾った飯塚は、その後10日ほどリフレッシュに充てて10月下旬からトレーニングを再開。「200mは前半のスピードは世界のトップとそれほど変わらないが、ラスト80mの減速が大きい。100mは最初の20mから40mの局面に技術的な課題があるので、それらを克服できるようにトレーニングをしていきたい」と来季を見据えた。 一方の市川はシーズンを通してケガが続き、今年の日本選手権は100mで予選落ち。その後は股関節周辺の筋肉を肉離れしていたことが判明し、「オフを取るというよりは痛いところを治すことに専念しました。この冬は初心に帰って土台作りを。母校の中京大でも練習ができるようになったので、学生と走り込みます」と意気込んだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

女子総合は富山中部が初制覇! 松木愛結は100mH14秒14&4種目V 谷川晴香が砲丸投と七種競技制す/IH富山県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 富山県大会は5月24日~27日の4日間、富山市の富山県総合運動公園競技場で開催された。 各種目 […]

NEWS 女子棒高跳・清水葵が県高校新! U18女子100m5位の前田さくらがスプリント2冠 伊澤健斗200m、400m自己新V/IH鳥取県大会

2024.05.30

女子棒高跳・清水葵が県高校新! U18女子100m5位の前田さくらがスプリント2冠 伊澤健斗200m、400m自己新V/IH鳥取県大会

福岡インターハイ(7月28~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 鳥取県大会は5月25日~27日の3日間、鳥取市のヤマタスポーツパーク競技場で行われた。 女子では […]

NEWS 男子やり投・山本倖希が59m04 男子100m、200mは吉田謙心がV 神園弥優は個人3冠に輝く/IH福井県大会

2024.05.30

男子やり投・山本倖希が59m04 男子100m、200mは吉田謙心がV 神園弥優は個人3冠に輝く/IH福井県大会

福岡インターハイ(7月28~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福井県大会は5月25日~27日の3日間、福井市の福井県営陸上競技場で行われた。 男子やり投では山 […]

NEWS 弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top