月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】10000m記録挑戦競技会に青学大・岸本ら主力が多数エントリー


11月23日に相模原ギオンスタジアムで行われる関東学連の10000m記録挑戦競技会。今年は関東インカレ長距離種目と併催するかたちで開催される。

11月6日にエントリー選手が発表されており、今年の箱根駅伝で優勝した青学大は主力選手が多数エントリー。9組には神林勇太、吉田圭太の4年生2人や1年生の佐藤一世が登録している。注目は10組の岸本大紀(2年)。今年の箱根では2区で1時間7分03秒(区間5位)の快走を見せて総合優勝に貢献したが、今季は故障もあって2月以降はここまでレースに出場しておらず、11月1日の全日本大学駅伝でも登録から外れている。各選手、箱根のメンバー入りに向けて大事なレースとなりそうだ。

全日本大学駅伝で6年ぶりの優勝を果たした駒大は、伊東颯汰(4年)や酒井亮太、山野力(ともに2年)、鈴木芽吹(1年)らがエントリーしている。

エントリー選手はこちら



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com