月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】高校駅伝・神村学園が高校国内国際最高1時間6分04秒で県大会V


高校国内国際最高をマークした神村学園が県大会優勝。写真は昨年の全国高校駅伝2、3区・シンシアから黒川へのタスキリレー)

11月5日に行われた高校駅伝・鹿児島県大会で、女子の神村学園が1時間6分04秒という驚異的なタイムで優勝し、5年連続27回目の都大路出場を決めた。この記録は高校国内国際最高記録で、1996年の全国高校駅伝で埼玉栄が出した1時間6分26秒の高校最高記録を上回った。

神村学園は1区の久保心優(2年)が19分25秒で区間賞を獲得すると、2区・黒川円佳(3年、13分07秒)、3区・中須瑠菜(3年、9分13秒)、4区・木之下沙椰(3年、9分09秒)と盤石のタスキリレーで、最後は留学生のバイレ・シンシア(3年)が15分10秒で走破した。神村学園は一昨年大会で初優勝を飾り、前回大会2位。2年ぶりの全国優勝を目指す。

なお、男子は鹿児島実が2時間6分13秒で優勝し、2年連続51回目の全国出場を果たした。

全国高校駅伝は12月20日、京都市で開催される。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com