月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】第97回箱根駅伝を予定通り開催 応援自粛を要請「気持ちは離れていても届きます」


関東学生陸上競技連合(関東学連)は11月5日、来年1月2、3日に予定している第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)を予定通り開催することを決めたと発表した。

今年は新型コロナウイルスの影響により開催の可否を協議されてきたが、「日本陸連が定めるガイダンスに則り、感染症対策の専門家のアドバイスも踏まえて、様々な対策を取りながら準備を進めて参ります」と、万全の準備を整えていく構えだ。なお、今後の社会情勢によっては変更の可能性も残している。

箱根駅伝は1920年に第1回が開催され、戦禍による中断(1944年~46年)はあったものの、大会そのものの中止はこれまでに一度もなく、正月の風物詩として親しまれてきた。

開催に当たって応援の自粛も要請しており、有吉正博会長は「選手を応援する熱い気持ちは、コース沿道から離れていても届きます。駅伝ファンの皆さまには、今回はテレビなどを通しての応援を頂ければと思います」と綴っている。

●関東学連が発表した開催に際しての主な感染防止対策
・出場チーム、運営スタッフを含む大会関係者は、大会前 2 週間の体調、体温を記録し、異常がないことを確認した上で大会に参加します。
・出場チームの大学関係者や応援団、OB・OG、保護者による来場および沿道での応援行為については強く自粛を求めます。
・地域の皆さまには、応援のための外出をお控えいただき、特に沿道やスタート・フィニッシュ、中継所などでの観戦や応援行為はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
・その他、日本陸上競技連盟が定める「ロードレース再開についてのガイダンス」に則り、感染症対策の専門家からも適宜アドバイスをいただきます。

タグ:



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com