月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】ロシア陸連の関係者に資格停止処分 走高跳・ルイセンコのドーピング問題で


アスレチックスインテグリティユニット(AIU)は、ロシア陸上競技連盟(RusAF)の職務にあったエレナ・イコンニコワとエレナ・オルロバに対しそれぞれ6年間と8年間の資格停止処分を科した。男子走高跳で17年ロンドン世界選手権銀メダリストのD.ルイセンコの居場所調査に関しての妨害が理由とされている。このほかにも、ルイセンコの居場所情報提出違反に関連して、数名が改ざんと共犯で告発されており、懲戒手続きは進行中。ルイセンコ自身は最大8年間の禁止措置を受ける可能性がある。

ロシアの組織的ドーピング問題の処分に関しては今月2日から5日まで非公開の聴聞会が行われることが発表されている。世界反ドーピング機構(WADA)は来年の東京五輪を含む国際大会にロシア選手団を4年間除外する処分を下したが、ロシア側は不服を申し立てており、聴聞会は裁定の参考にされる。最終的な判断の出る時期は明らかになっていない。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com