HOME インフォ

2020.10.27

【イベント】横田真人氏が仕掛け“もう一つのインカレ” コロナ禍の影響受けた大学4年生のための競技会
【イベント】横田真人氏が仕掛け“もう一つのインカレ” コロナ禍の影響受けた大学4年生のための競技会

 10月27日、東京・駒沢陸上競技場に、平日ながら多くの大学生が集まった。「ミドルディスタンス・チャレンジ」は大学生に向けた最後の中距離競技会と銘打って、東京陸協会主催、TWOLAPS TC共催で開催。仕掛け人は、男子800mの前日本記録保持者で、現在は指導者として活躍する横田真人氏だ。

「コロナ禍に苦しんでいる大学生を見てきて、彼らは苦しいけど声を上げられない立場でした」

 夏のインターハイ中止を受けて、横田氏は「バーチャル・ディスタンス・チャレンジ(通称バーチャレ)」と題して、リモートで全国大会を開催。多くの中高生が参加して話題となった。

「その流れの中で、何か大学生のためにできないか、という思いがありました」と横田氏。それに加えて、「自分のやってきた種目への恩返し」と「コンパクトに種目を限定した大会を開きたい」という思いもあり、今回の開催に至った。

 800mと1500mをメインに、最後は4×800mリレーで締めくくる。中距離種目に横田氏が指導する館澤亨次(DeNA)や楠康成(阿見AC)、卜部蘭(積水化学)ら豪華メンバーがペーメーカーを務め、各組数名ずつ大学4年生が割り当てられ、最後は花束が贈られた。

 男子800mに出場した渕脇慶伍は慶大の中距離ブロック部長を務めていた。だが、今季は春から3ヵ月仲間に会えず「つらかった」。例年なら秋に早大との対校戦で代替わりするが、今年はそれも中止。「こうして走れるだけで幸せ。気持ちよく終われました」と語る。これがラストレース。卒業後は航空機のパイロットを目指す。

 日本選手権の決勝にも残った志村美希(日体大)も女子800mに出場。「最後の年にあこがれていた卜部さんと大舞台で走れてよかった」。いくつかレースは残すものの、大学で競技は一区切り。「今までにない雰囲気の大会でみんなの一体感がある中で楽しく走れました」と笑顔で締めくくった。

 田中希実(豊田自動織機TC)や川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)といったトップ選手も練習の一環で出場したが、この日の主役は、間違いなく思いっ切り走り、フィニッシュ後に笑顔で仲間たちと写真撮影していた4年生たちだった。

 10月27日、東京・駒沢陸上競技場に、平日ながら多くの大学生が集まった。「ミドルディスタンス・チャレンジ」は大学生に向けた最後の中距離競技会と銘打って、東京陸協会主催、TWOLAPS TC共催で開催。仕掛け人は、男子800mの前日本記録保持者で、現在は指導者として活躍する横田真人氏だ。 「コロナ禍に苦しんでいる大学生を見てきて、彼らは苦しいけど声を上げられない立場でした」  夏のインターハイ中止を受けて、横田氏は「バーチャル・ディスタンス・チャレンジ(通称バーチャレ)」と題して、リモートで全国大会を開催。多くの中高生が参加して話題となった。 「その流れの中で、何か大学生のためにできないか、という思いがありました」と横田氏。それに加えて、「自分のやってきた種目への恩返し」と「コンパクトに種目を限定した大会を開きたい」という思いもあり、今回の開催に至った。  800mと1500mをメインに、最後は4×800mリレーで締めくくる。中距離種目に横田氏が指導する館澤亨次(DeNA)や楠康成(阿見AC)、卜部蘭(積水化学)ら豪華メンバーがペーメーカーを務め、各組数名ずつ大学4年生が割り当てられ、最後は花束が贈られた。  男子800mに出場した渕脇慶伍は慶大の中距離ブロック部長を務めていた。だが、今季は春から3ヵ月仲間に会えず「つらかった」。例年なら秋に早大との対校戦で代替わりするが、今年はそれも中止。「こうして走れるだけで幸せ。気持ちよく終われました」と語る。これがラストレース。卒業後は航空機のパイロットを目指す。  日本選手権の決勝にも残った志村美希(日体大)も女子800mに出場。「最後の年にあこがれていた卜部さんと大舞台で走れてよかった」。いくつかレースは残すものの、大学で競技は一区切り。「今までにない雰囲気の大会でみんなの一体感がある中で楽しく走れました」と笑顔で締めくくった。  田中希実(豊田自動織機TC)や川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)といったトップ選手も練習の一環で出場したが、この日の主役は、間違いなく思いっ切り走り、フィニッシュ後に笑顔で仲間たちと写真撮影していた4年生たちだった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top