月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【イベント】横田真人氏が仕掛け“もう一つのインカレ” コロナ禍の影響受けた大学4年生のための競技会

 10月27日、東京・駒沢陸上競技場に、平日ながら多くの大学生が集まった。「ミドルディスタンス・チャレンジ」は大学生に向けた最後の中距離競技会と銘打って、東京陸協会主催、TWOLAPS TC共催で開催。仕掛け人は、男子800mの前日本記録保持者で、現在は指導者として活躍する横田真人氏だ。

「コロナ禍に苦しんでいる大学生を見てきて、彼らは苦しいけど声を上げられない立場でした」

 夏のインターハイ中止を受けて、横田氏は「バーチャル・ディスタンス・チャレンジ(通称バーチャレ)」と題して、リモートで全国大会を開催。多くの中高生が参加して話題となった。

「その流れの中で、何か大学生のためにできないか、という思いがありました」と横田氏。それに加えて、「自分のやってきた種目への恩返し」と「コンパクトに種目を限定した大会を開きたい」という思いもあり、今回の開催に至った。

 800mと1500mをメインに、最後は4×800mリレーで締めくくる。中距離種目に横田氏が指導する館澤亨次(DeNA)や楠康成(阿見AC)、卜部蘭(積水化学)ら豪華メンバーがペーメーカーを務め、各組数名ずつ大学4年生が割り当てられ、最後は花束が贈られた。

 男子800mに出場した渕脇慶伍は慶大の中距離ブロック部長を務めていた。だが、今季は春から3ヵ月仲間に会えず「つらかった」。例年なら秋に早大との対校戦で代替わりするが、今年はそれも中止。「こうして走れるだけで幸せ。気持ちよく終われました」と語る。これがラストレース。卒業後は航空機のパイロットを目指す。

 日本選手権の決勝にも残った志村美希(日体大)も女子800mに出場。「最後の年にあこがれていた卜部さんと大舞台で走れてよかった」。いくつかレースは残すものの、大学で競技は一区切り。「今までにない雰囲気の大会でみんなの一体感がある中で楽しく走れました」と笑顔で締めくくった。

 田中希実(豊田自動織機TC)や川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)といったトップ選手も練習の一環で出場したが、この日の主役は、間違いなく思いっ切り走り、フィニッシュ後に笑顔で仲間たちと写真撮影していた4年生たちだった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com