HOME バックナンバー
月刊陸上競技2011年3月号
月刊陸上競技2011年3月号

Contents

大阪国際女子マラソン

広告の下にコンテンツが続きます

   赤羽が念願のマラソン初優勝 ~ 5度目の挑戦で鮮やかな勝利
別府大分毎日マラソン

   前田が日本人トップの3位 ~ 世界選手権代表の有力候補に
香川丸亀国際ハーフマラソン

   宇賀地 1時間0分58秒の日本歴代3位
3ヵ国ジュニア交流室内・日本ジュニア室内大阪大会

   山縣vs九鬼0.01秒差,6秒71で山縣が制す
全国都道府県対抗男子駅伝
   栃木 念願の初優勝!! アンカー宇賀地で逆転V勝
全国都道府県対抗女子駅伝
   地元・京都 V奪回 2年ぶり14回目の栄冠
EKIDEN追跡特集

広告の下にコンテンツが続きます

追跡 箱根駅伝

   村澤明伸(東海大) 19歳のエースが考える2区へのアプローチ
   渡辺康幸(早大駅伝監督) 若き指揮官が「グランドスラム」を振り返る
   山に挑んだ〝W〟のヒーロー 5区・猪俣英希&6区・高野寛基
   関東学生長距離強豪校 新主将&新チーム目標
   緊急インタビュー 両角 速(佐久長聖高監督) ~ 高校長距離界の名将が東海大駅伝監督に!!
追跡 高校駅伝

   男子優勝校 鹿児島実(鹿児島) 〝上岡流〟選手育成術と「心走」を育んだトレーニング
追跡 全日本実業団駅伝

   佐藤敏信(トヨタ自動車監督) 就任3年目で初優勝に導いた「勝てるチームづくりと練習のキーポイント」
Go For 2011テグ & 2012ロンドン

広告の下にコンテンツが続きます

   室伏広治(ミズノ) 新トレーニングでまだまだ進化中!
世界ジュニア選手権日本男子メダル獲得カルテット 「プラチナ世代」の挑戦

    飯塚翔太(中大),ディーン元気(早大),安部孝駿(中京大),戸邉直人(筑波大)
    「プラチナ世代」の冬季練習ポイント
2011注目の高校アスリート
    男子100m 大瀨戸一馬(小倉東1福岡)
    男子走幅跳 松原 奨(東海大翔洋2静岡)
    女子100m 青木益未(創志学園1岡山)

東京マラソン2011

   ハイレ・ゲブルセラシェ(エチオピア) 東京マラソン2011で〝再起の走り〟見せたい!
短期集中連載 「マラソン・ニッポン」復活への緊急提言
    Part① 日本の男子マラソン界が輝いていたころ
      (カネボウ陸上競技部総監督・伊藤国光)

広告の下にコンテンツが続きます

短期集中連載 トレーニングセミナー①
冬季練習に役立つ身体づくり入門体幹を鍛えよう!  ◎解説/松田克彦(平成国際大)
私の〝原点〟トレーニング

   男子十種競技 金子宗弘(ミズノ)
陸上運動のジュニア指導ガイドライン

「投運動/ボール投げ」(髙本恵美)
連続写真で見る陸上競技の技術

   男子400m 伊藤 卓(浜名高)
   女子走幅跳 髙橋友果(佐原高)
   女子やり投 島袋優美(那覇西高)
進学就職情報★第2弾

広告の下にコンテンツが続きます

情報コーナー

WORLD TOPICS
国際陸上評論
Newsフラッシュ
Record Room
INFORMATION
Gekkan Calendar
MIZUNO TRACK CLUB INFORMATION
4団体情報

技術コーナー

陸上競技のサイエンス ~アスリートの負傷と身体イメージ(山崎史恵) ~
トレーニング講座

広告の下にコンテンツが続きます

好評連載

TEAM FILE [県立中村中学校・高校(高知県)・御前崎小学校(静岡県)]
陸上つわもの列伝(川野博康)
マイプライバシー(髙林祐介)
Young Athletes Forum
カード決済、ケータイ決済、コンビニ決済、銀行振込で購入する

※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
代引き、郵便振替で購入する 定期購読はこちらから

Contents

大阪国際女子マラソン    赤羽が念願のマラソン初優勝 ~ 5度目の挑戦で鮮やかな勝利 別府大分毎日マラソン    前田が日本人トップの3位 ~ 世界選手権代表の有力候補に 香川丸亀国際ハーフマラソン    宇賀地 1時間0分58秒の日本歴代3位 3ヵ国ジュニア交流室内・日本ジュニア室内大阪大会    山縣vs九鬼0.01秒差,6秒71で山縣が制す 全国都道府県対抗男子駅伝    栃木 念願の初優勝!! アンカー宇賀地で逆転V勝 全国都道府県対抗女子駅伝    地元・京都 V奪回 2年ぶり14回目の栄冠 EKIDEN追跡特集 追跡 箱根駅伝    村澤明伸(東海大) 19歳のエースが考える2区へのアプローチ    渡辺康幸(早大駅伝監督) 若き指揮官が「グランドスラム」を振り返る    山に挑んだ〝W〟のヒーロー 5区・猪俣英希&6区・高野寛基    関東学生長距離強豪校 新主将&新チーム目標    緊急インタビュー 両角 速(佐久長聖高監督) ~ 高校長距離界の名将が東海大駅伝監督に!! 追跡 高校駅伝    男子優勝校 鹿児島実(鹿児島) 〝上岡流〟選手育成術と「心走」を育んだトレーニング 追跡 全日本実業団駅伝    佐藤敏信(トヨタ自動車監督) 就任3年目で初優勝に導いた「勝てるチームづくりと練習のキーポイント」 Go For 2011テグ & 2012ロンドン    室伏広治(ミズノ) 新トレーニングでまだまだ進化中! 世界ジュニア選手権日本男子メダル獲得カルテット 「プラチナ世代」の挑戦     飯塚翔太(中大),ディーン元気(早大),安部孝駿(中京大),戸邉直人(筑波大)     「プラチナ世代」の冬季練習ポイント 2011注目の高校アスリート     男子100m 大瀨戸一馬(小倉東1福岡)     男子走幅跳 松原 奨(東海大翔洋2静岡)     女子100m 青木益未(創志学園1岡山) 東京マラソン2011    ハイレ・ゲブルセラシェ(エチオピア) 東京マラソン2011で〝再起の走り〟見せたい! 短期集中連載 「マラソン・ニッポン」復活への緊急提言     Part① 日本の男子マラソン界が輝いていたころ       (カネボウ陸上競技部総監督・伊藤国光) 短期集中連載 トレーニングセミナー① 冬季練習に役立つ身体づくり入門体幹を鍛えよう!  ◎解説/松田克彦(平成国際大) 私の〝原点〟トレーニング    男子十種競技 金子宗弘(ミズノ) 陸上運動のジュニア指導ガイドライン 「投運動/ボール投げ」(髙本恵美) 連続写真で見る陸上競技の技術    男子400m 伊藤 卓(浜名高)    女子走幅跳 髙橋友果(佐原高)    女子やり投 島袋優美(那覇西高) 進学就職情報★第2弾 情報コーナー WORLD TOPICS 国際陸上評論 Newsフラッシュ Record Room INFORMATION Gekkan Calendar MIZUNO TRACK CLUB INFORMATION 4団体情報 技術コーナー 陸上競技のサイエンス ~アスリートの負傷と身体イメージ(山崎史恵) ~ トレーニング講座 好評連載 TEAM FILE [県立中村中学校・高校(高知県)・御前崎小学校(静岡県)] 陸上つわもの列伝(川野博康) マイプライバシー(髙林祐介) Young Athletes Forum カード決済、ケータイ決済、コンビニ決済、銀行振込で購入する
※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
代引き、郵便振替で購入する 定期購読はこちらから

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top