月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【400mH】山本亜美が自己記録に迫る57秒51 高校記録届かずも「勝ち切れてよかった」/全国高校


◇全国高校大会2020(10月23日~25日/広島・エディオンスタジアム)3日目

高校日本一を決める「全国高校大会2020」の最終日が行われ、女子400mハードルは山本亜美(京都橘3京都)が優勝した。

最後はランキングトップの意地だった。日本選手権で高校歴代2位となる57秒43をマークしていた山本。前半は外側を走る大野瑞奈(埼玉栄3埼玉)や大川寿美香(三田国際2東京)に先行されるものの、「焦りはなかった」と得意の後半で先頭へ。「バタついたところもあった」が、しっかりと押し切り、自己記録に迫る57秒51の好記録で優勝。昨年の国体に続いて全国タイトルを手にした。

「高校記録を狙うラストチャンスで、日本選手権で出せなかったので狙っていました。少し悔しいですが、勝ち切れてよかったです」。プレッシャーもあったと振り返るが、「絶対に優勝しかない」と気持ちの強さを見せた。

目指してきた高校記録57秒09は届かず。「次はU20日本記録(56秒75)をを目指していきます」。そのためには、「400mはもちろん、100m、200mのスプリントを上げていけるように冬季練習を積んでいきます」と山本。3年間、一緒に戦ってきた同級生の安達茉鈴は400mと200mで2位となり「1位を取りたかった」と悔し涙を流した。ともに次のステージで目指してきたものをつかみ取るつもりだ。

400mハードル2位は400mとの2冠を狙った大野が高校歴代5位の57秒81。3位には2年生の塚本萌乃(成田・千葉)が58秒84(高2歴代8位)の好記録で食い込んだ。

■女子400mハードル
山本 亜美(京都橘3京都)57.51
大野 瑞奈(埼玉栄3埼玉)57.81
塚本 萌乃(成田2千葉) 58.84
水口  萌(東大阪大敬愛3大阪)59.16
大川寿美香(三田国際学園2東京)59.22
日下あやな(常盤木学園2宮城)60.60
工藤 芽衣(咲くやこの花3大阪)60.75
樋口 綾音(大塚2大阪)60.84



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com