月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【走幅跳】元木涼介が7m14で全国初タイトル トップ3が7m超のハイレベル/全国中学


◇全国中学生陸上(10月16日~18日/神奈川・日産スタジアム)3日目

中学日本一を決める全国中学生大会の最終日、男子走幅跳で好記録が連発した。

今年に入り、中学歴代2位の7m39を跳んでいた元木涼介(三加茂中3徳島)が、1回目に7m14(+1.3)。「6m80から90くらいを狙って、安全に跳んだのですがセカンドベストが出てうれしかったです」。さらに元木は優勝が決まった後の最終4回目も7m14(-0.1)を跳んだ。

「優勝が決まった後は、中学記録(7m40)を更新する、とみんなに宣言して跳んだのですが」と苦笑いするも、ランキング1位の底力を見せた。

前日は「調子が悪くて不安だった」と言うが、コーチから「楽しんできなさい」と送り出された試合当日は「調子が戻りました」。ランキングトップのプレッシャーもなく、「テンションが上がって楽しく跳ぶことができました」と笑顔を見せる。

あこがれは橋岡優輝(日大)。「勝負強く、プレッシャーに負けないところがかっこいいなって思います」。小学生の時から「世界記録が目標」だという元木。その世界記録8m95が誕生したマイク・パウエルとカール・ルイスの東京世界選手権の映像を大事な試合前に必ず見てモチベーションを高める。「日本人でも無理ではないと思います」。高校では、1年目からインターハイを目指し、3年間で「8mは跳びたい」と目を輝かせていた。

2位、3位は福島勢が入り、2位の箭内洸斗(船引中3)が7m09(+0.7)、3位の曲山淳平(福島大附中3)も7m02(+0.9)と、昨年の全中に引き続き、上位3人が7mを超えるハイレベルだった。

■男子走幅跳
元木 涼介(三加茂・徳島)7.14(1.3)
箭内 洸斗(船引・福島)7.09(0.7)
曲山 純平(福島大附・福島)7.02(0.9)
植村 亮太(堺五箇荘・大阪)6.98(0.6)
殿岡稟太郎(南陽沖郷・山形)6.81(0.0
早藤 海音(酒田六・山形)6.78(-0.3)
木住野幸大(所沢美原・埼玉)6.74(0.4)
本田 聖人(富山和合・富山)6.69(1.0)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com