月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】積水化学〝完封リレー〟で2連覇/プリンセス駅伝


第6回全日本実業団対抗女子駅伝予選会(愛称:プリンセス駅伝in宗像・福津)は10月18日、福岡県宗像市のユリックス宗像を発着点とする6区間42.195kmで行われ、積水化学が大会記録にあと1秒と迫る2時間17分03秒で2年連続2回目のトップ通過を飾った。

積水化学は1区の佐藤早也伽が2位に14秒差をつける区間新記録で抜け出すと、2区の卜部蘭も区間3位の好走で首位をキープ。3区(10.7km)では追い風の好条件もあって新谷仁美が従来の区間記録を1分15秒も短縮する32分43秒の区間新(10km換算30分35秒)を叩き出し、2位との差を1分58秒に広げて勝負を決定づけた。

1分03秒差の2位にはヤマダホールディングスが入り、大塚製薬が3位。全日本への出場権を懸けた14位争いは最終6区でホクレンの宮内宏子が15位から1つ順位を上げて滑り込んだ。

第一生命が20秒差の15位で22年ぶりに全日本を逃し、今大会初出場のニトリは5区終了時点で圏内の13位につけていたものの16位でフィニッシュした。

以下、14チームが全日本大会(愛称:クイーンズ駅伝)の出場権を獲得。このほかに前回上位8チームがシード権を保持している。

積水化学
ヤマダホールディングス
大塚製薬
九電工
資生堂
エディオン
日立
ルートインホテルズ
シスメックス
ユニバーサルエンターテインメント
肥後銀行
スターツ
鹿児島銀行
ホクレン



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com